保険ショップ

ほけんの窓口CM「独身女性」篇 女性にとっての保険に迫る。

投稿日:2014年9月11日 更新日:

保険の窓口1

ほけんの窓口のCM「独身女性」篇を取り上げました。“窓口で会いましょう。”をキャッチコピーに窓口でのコミュニケーションの大切さが描かれています。

スポンサーリンク

CMがこちら(クリック!!)

保険の窓口

CMのあらすじ

予約しておいた相談時間にほけんの窓口に訪れた一人の女性。

“いちばんたいせつなものが自分って、ダメですか?”

「仕事は好きです…。 やりがいもあるし。」「趣味は…旅行が好きです!」相談をしていくうちに、最初は不安げだった女性の表情が和らいでいきます。

“自分のことはいつも自分で決めてきた。でもその日、自分の話をし続ける私の知らない自分がいた。”

自分の話をしていくことで自分自身の新たな一面を知ることができた女性。「なんか私、欲張りですね?」と言う女性を、ほけんの窓口のお姉さんはあたたかい笑顔で受け止めます。相談を終え家へ帰る女性の足取りはとても軽いものでした。

スクリーンショット 2014-09-08 14.11.07

CMの感想

独身女性にとって、保険は大きな悩みの1つかもしれません。仮に一人で生きていくことになれば、老後や年金についてはより一層気になるはずです。でも保険なんて馴染みのないものは一人で考えていてもよくわからない…そんな人にとって、このほけんの窓口は、保険のことを相談するだけではなく、それを通して自分でも気付いていなかった想いや希望を語ることができる貴重な場所かもしれません。

ほけんの窓口のお姉さんの笑顔も素敵です。CMとはいえ、実際にこんな笑顔で自分の話を聞いてくれる人がいるなら誰でもこの窓口に行ってしまいそうです。このCMを見ていて、たとえ同じ保険ショップでもやはり担当してくれる人も大切なポイントだと感じました。

女性が保険加入の主役へ?

生命保険会社が販売する民間の「年金保険」や「介護保険」に加入する女性が年々増えています。その理由として考えられるもの3つをまとめてみました。

(1)晩婚化・非婚化

昨今騒がれている晩婚化・非婚化は年々進んでいます。2013年の人口動態統計によると、 同年の婚姻件数は66万594組で、戦後最少を記録しています。 さらに、初婚の平均年齢は男性が30.9歳、女性が29.3歳と、 いずれも2012年より0.1歳上昇となっています(引用)。将来結婚するかどうかは自分の生涯設計にも大きく関わってくるため大事な問題ですね。

(2)平均寿命の上昇

平成24年の簡易生命表によると、日本人の平均寿命は男性が79.94歳 、女性が86.41歳と、平成23年と比較して男性は0.50年、女性は0.51年上回りました。既婚未婚に問わず、女性は圧倒的に男性より長生きするため確率が高いため、30代、40代の女性が生命保険加入の主役と言われることにも頷けます。

(3)公的制度に不安

生命保険文化センターの13年の調査によると、国の介護保険制度では介護費用を「まかなえると思わない」と答えたのは、男性が80・3%、女性は84・6%でした。公的年金で生活費をまかなえるとは思わないと答えたのも、男性が75・4%に対し、女性は81・3%と、女性の方がより老後の資金に不安を感じる傾向があるようです。

まとめ

子供のころは何かと両親に相談したりして、自分一人で悩み、決断することは少ないです。それが大人になるにつれて変わってきます。CMの女性が言っている通り“自分のことはいつも自分で決めてきた”という人は多いでしょう。

このCMでは、そういう人達にとっても保険の相談を通して自身について語ってもらいたい、その上でそれぞれに最適な保険を選ぶことの大切さが伝わってきます。また現代の女性にとって保険が大切なものであることを象徴しているCMであることもわかりました。「独身女性」篇というCMが放送されているだけで、女性一人でも行きやすくなりますね。

_______________________

【CM概要】

広告主: ほけんの窓口

CM名: 独身女性篇

主演者: 吉田桂子

_______________________

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-保険ショップ

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.