保険会社

メットライフ生命CM。トレードマークはスヌーピーと飛行船!?

投稿日:2014年10月1日 更新日:

メットライフ生命
今回はメットライフ生命のCMを取り上げます。保険のCMは数多いですが、なかでもよく見かけるのがこのメットライフ生命のCMですね。CMの最初に決まって流れる“メットライフ生命♪”というフレーズがとても印象的です。現在放送されているCMでは、企業の新しいスローガン「あなたをかなえる保険」がテーマとなっています。

スポンサーリンク

CMがこちら(クリック!!)

スクリーンショット 2014-09-22 22.12.53

今年7月、社名を変更。

スクリーンショット 2014-09-22 23.21.15
冒頭文にも書いたように、CMの最初に流れる“メットライフ生命♪”というフレーズはとても耳に残りやすいと思います。個人的には、メットライフのCM…といえばすぐ頭にあの軽快なフレーズが浮かびます。そこで気になったことがひとつ。耳に残っているフレーズは“メットライフアリコ♪”だったような…。しかし現在放送されているCMではしっかり“メットライフ生命♪”となっています。調べてみると、14年7月1日付でメットライフアリコ生命保険から「メットライフ生命保険」に社名変更をしていました!CMでは全く同じリズムのフレーズなので、この記事を書くまで気付きませんでした。

メットライフ生命の成り立ちを簡単に調べてみました。もともとメットライフアリコは、1973年、米生保「アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー」(アリコ)(以下AIG)の日本支店として営業を開始しました。米保険大手のAIGの下、「アリコジャパン」のブランド名で事業を展開していました。しかしその後、経営に行き詰まったAIGは、アリコをメットライフに売却することとなります。その結果、2012年アリコジャパンは社名をメットライフアリコ生命保険としました。

今回の社名変更では、親会社であるメットライフに名称を合わせることで、よりブランド力を強化するものとなっています。

イメージキャラクターは、ご存知ピーナッツの仲間達

メットライフ生命ピーナッツ

メットライフと言えば『ピーナッツ』というほど、イメージキャラクターとして広告の随所にピーナッツのキャラクターがでてきます。CMの中でもかなり登場しています。信頼性、安全性、優しさというブランドの特徴を表現するために、1985年当時のCEOが起用を発案しました。それをメットライフの顧客であった『ピーナッツ』の著者チャールズ・M・シュルツは快諾したそうです。

漫画『ピーナッツ』は私も読んだことがあります。何気ない日常生活を中心に描かれているのが特徴的です。登場人物は小さくてかわいらしいですが、彼らの言葉ひとつひとつには考えさせられる内容が多く、そこから名言も多々生まれています。

保険というものは、我々の日常の至る所で関わってくるものです。そういう点で見ると、日常が描かれた『ピーナッツ』は保険会社のイメージキャラクターにぴったりですね。

トレードマークの飛行船「スヌーピーJ号」

d5541-33-224662-2

メットライフの広告として有名なのが飛行船です。CMでも飛行船がトレードマークになっていますね。「スヌーピーJ号」と呼ばれる飛行船は、日本各地を飛んでおり、その位置は常に公式Twitterなどで確認することができます。この飛行船、実は現在日本上空を飛んでいる唯一の飛行船なのです。日本でも1990年代前半までは、いくつかの飛行船が登録されていましたが、景気の悪化や人員確保の難しさなどからその数は減り、現在ではこの「スヌーピーJ号」のみとなっています。大きさとその繊細な乗り物だけに、維持費はかかります。人員面でも、現在活躍する飛行船のパイロットの数は宇宙飛行士の数より少ないと言われるほどです。

そんな中でもメットライフは人々の元気と笑顔を願うという想いから、今日も飛行船を飛ばしています。確かに、空を見上げて飛んでいる飛行船を見つければ、それだけで少し嬉しくなる気がします。

_______________________

【CM概要】

広告主: メットライフ生命保険株式会社

CM名: 終身医療保険 フレキシィ「ショッピングモール」篇

主演者: ピーナッツの仲間達

_______________________

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

-保険会社

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.