こども保険ランキング

こども保険とは、いわゆる学資保険のことです。こども保険の内容は、主に

  • (1)「小学校、中学校、高校、大学」と進学するにあたって必要になる教育資金を月々保険料として支払うことで「貯蓄」することができる
  • (2)ご両親に万が一のことがあった場合には養育年金といった形で支払いが継続され養育費/教育費になる

という機能がセットされています。

東京海上日動あんしん生命のこども保険の説明の図がわかりやすいと思います。

こども保険の契約期間は、最大で20年近くにもなります。そのため、通常の定期貯金よりも優遇された金利でお金を殖やすことができることも珍しくありません。もちろん、保険会社によって元本割れするような設定になっている場合も珍しくありませんし、保険に入るのではなく自分で貯金したほうが良いケースもありますので、じっくりと検討して見ることをオススメします。

こども保険に加入することができるのは生まれてから、と思っている方も多いですが、実は多くのこども保険は生まれる前からでも加入することができるようになっています。出産後はバタバタしてしまってなかなか保険を選ぶためにじっくりと時間をかけることができません。こども保険に加入するなら、少しでも早い時期から検討して見ることをオススメします。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

投稿日:

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.