ランキング 収入保障保険 調査

収入保障保険ランキング:全社を比較してわかった選び方

投稿日:2013年1月31日 更新日:

収入保障保険とは、定期死亡保険の一種です。3000万円などのように固定額が支払われる通常の死亡保険と異なり、(生きていたと仮定したら)60歳まで毎月定額で20万円支払われるといったように年金のような形で遺族に保険金が支払われるタイプのものです。
遺された家族の生活保障をするという観点からは非常に合理的に設計された保険ということで、いわゆる「保険本」では人気の保険タイプとなっています。

収入保障保険を選ぶ時のポイント

全社でだいたい同じ内容となっている定額死亡保険と異なり、収入保障保険は各社ごとに内容が細かい点で異なっています。
年金月額と保険料の安さだけを見て決めずに、細かい違いを意識しながら比較して加入することをオススメします。

  • 加入方法:収入保障保険は少し複雑な保険であるためか、アクサダイレクト生命など一部を除いて営業マンによる対面販売が基本になっています。
  • 保険期間:被保険者が(生きていたとして)何歳に達するまで年金を給付するかを設定します。
  • 年金月額:万が一のときの月額支給額の上限額は各社で異なっています。保障額についてじっくり考えてから選ぶようにしましょう。
  • 最低保証期間:保険終了期間間近で死亡などが発生した場合にも、年金給付について最低期間を設定することができます。最低期間0ヶ月という商品もあります。
  • 割引:非喫煙者だと安くなる非喫煙者割引や、BMI指数・血圧が適正範囲だと安くなる健康体割引、優良ドライバーだと安くなる割引などがあります。これらの割引がない会社もありますし、会社によって微妙に条件が異なります。
  • 保険料払込免除:三大疾病など、特定の状況になった場合にそれ以降の保険料を払わなくて良いという特約をつけることができます。標準で払込免除がついている場合もあります。

また、年金の給付条件として「死亡・高度障害に加えて三大疾病になったら支払われる特約」をつけられるものがあったりしますので、各社の保険について見比べて見ることをオススメします。ぜひ、価格.comの保険比較サイトなどを利用して資料請求するのがオススメです。

収入保障保険ランキングと各社のリンク

日本の生保会社全社43社のウェブサイトを全て確認して、収入保障保険を発売している会社(2013年1月現在)と商品を一覧にしてみました。ランキングは、保険料の安さや保険の特徴に応じて独自に並べています。(将来的に客観的な基準にしたがって評価し直す予定です。)

スポンサーリンク

NKSJひまわり生命「家族のお守り」

「家族のお守り」は、各種の保険ランキングでも評判のよい収入保障保険です。非喫煙者かつ健康優良体であれば、最も安い保険料となるためです。
また、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になった場合に保険料を免除するだけでなく、2年間の生活資金を支払ってもらう特約をつけることもできますので、がん保険や三大疾病保険の代わりに使うこともできます。

  • 加入方法:対面
  • 年金月額:15万円〜30万円
  • 最低保証期間:2年
  • 保険期間:60歳、65歳
  • 割引:非喫煙者割引、健康体割引
  • 保険料払込免除:三大疾病(オプション)

保険Hacksの記事⇢ 「家族のお守り」のレビュー記事へ

2位三井住友あいおい生命「&LIFE収入保障」

「&LIFE収入保障保険」は、各社でお馴染みの非喫煙者割引と健康体割引に加えて「セーフティードライバー割引」があるのが特徴です。
(1)自動車保険で12等級以上(2)ゴールド免許(3)そもそも免許を持っていないのいずれかを満たすことで更に安くなり、全社最安の保険料になるようです。

  • 加入方法:対面
  • 年金月額:10万円〜30万円
  • 最低保証期間:2年、5年
  • 保険期間:50歳〜80歳(5年刻み)
  • 割引:非喫煙者割引、健康体割引、セーフティードライバー割引
  • 保険料払込免除:三大疾病/重度障害/介護状態(オプション)

保険Hacksの記事⇢ 「&LIFE収入保障保険」のレビュー記事へ

3位アクサダイレクト生命「カチッと収入保障」

非喫煙者割引や健康体割引などの諸条件を満たせない人にとって最も安くなるのが日本初のネット生保「アクサダイレクト生命」のカチッと収入保障です。最低保証期間を廃止していることで安くなっているようです。年金の上限額が16万円までとなっているので高額な保障をつけることはできませんが、この範囲で保障をつけたい人にはオススメです。また、三大疾病による保険料払込免除は標準で付加されています

  • 加入方法:ネット直販
  • 年金月額:5万円〜16万円(年齢によって異なる)
  • 最低保証期間:なし
  • 保険期間:55歳〜70歳(5年刻み)
  • 割引:なし
  • 保険料払込免除:三大疾病(標準でついています)

保険Hacksの記事⇢ 「カチッと収入保障」のレビュー記事へ

アフラック「家族に毎月届く生命保険 GIFT」

もっとも充実した保障が必要ならばアフラックの「GIFT」一択になります。設定できる保障金額はなんと最大で月額990万円なので、高収入な方が家族のために大きな保障を遺したい方向けといえそうです。「元気割引」という名の非喫煙者・健康体割引にも対応しています。

  • 加入方法:対面
  • 年金月額:5万円〜990万円(ただし月払年金現価5億円を超えられない)
  • 最低保証期間:2年、5年
  • 保険期間:50〜80歳(5年刻み)
  • 割引:非喫煙者割引、健康体割引
  • 保険料払込免除:なし

保険Hacksの記事⇢ 「GIFT」のレビュー記事へ

東京海上日動あんしん生命「家計保障定期保険」


「家計保障定期保険」に加入した場合、東京海上日動あんしん生命の加入者特典である人間ドック・脳ドック・がんPETの検診が優待されるサービスを受けることができますので、会社員以外で定期健診を受けていないような方にはオススメです。また、就業不能保険を特約としてセットにすることができる就業不能保障プランがあるのが特徴で、(1)がん(2)急性心筋梗塞(3)脳卒中(4)肝硬変(5)慢性腎不全の5疾病にかかったことが原因で働けない状態になった場合にも10万円〜15万円の収入保障をすることができるようになっています。これらは他社にはない最大の特徴ですが、健康体割引などがついていないのが弱点です。

  • 加入方法:対面
  • 年金月額:10万〜20万円(5万円刻み)
  • 最低保証期間:1年
  • 保険期間:60歳、65歳 (5年前に払込期間終了)
  • 割引:なし
  • 保険料払込免除:三大疾病(オプション)

また、これら以外にも以下の各社から収入保障保険が発売されています。順不同で掲載しています。

オリックス「家族をささえる保険Keep」

ジブラルタ生命「高度障害療養加算型家族収入保険」

ソニー生命「家族収入保険」

富士生命「レスキューP 収入保障保険」

T&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」

プルデンシャル生命「解約返戻金抑制型家族収入保険」

マニュライフ生命「こだわり収入保障」

メットライフアリコ「収入保障保険 家族のあんしん」

番外編:アクサ生命「収入保障のがん保険」

主に死亡した場合にもらえる収入保障保険ではなく、がんと診断されたらもらえるタイプの収入保障保険です。家族のために準備する保険と言うよりは、がん治療に専念したい人のための保険と言えます。また、上記に掲載している保険の中にも、がん診断を含む「三大疾病で所定の状態になったら」給付を開始する特約をつけることができる保険が含まれていますので、そちらを選ぶほうが現実的かもしれません(もちろん、収入保障のがん保険より保険料は高くなります)。

よりよい条件の保険を選ぶために

収入保障保険などの生命保険は、最低保障期間や年金額の上限などが異なるさまざまな保険が各社から登場しています。自分にあった保険に賢く入るためには、複数の保険会社と契約をしているFPに相談できる保険のビュッフェというサービスを利用してじっくり相談してみるのがオススメです。特に、(収入保障保険を含む)生命保険の場合、非喫煙者割引や健康体割引など対面でないと割引がきかない保険もありますので、ネット生保などに加入する前に相談してから比較するのが良いです。 自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、試しにライフプランニングをしてもらって万が一のときの家族の生活費や、老後に必要となる資金などを試算するといった使いかたもお勧めです。

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-ランキング, 収入保障保険, 調査

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.