オリックス生命 終身死亡保険

オリックス生命「RISE」はシンプルで保険料払込期間の選択肢が多い終身死亡保険

投稿日:

終身保険RISE[ライズ] | オリックス生命保険ダイレクト 「RISE(ライズ)」はオリックス生命からは初の無配当 終身保険(低解約払戻金型)の終身死亡保険です。オリックス生命の従来型の「無配当 終身保険」に比べて保険料が抑えられています。保険料払込期間(低解約払戻期間)中の解約払戻金は、「無配当 終身保険」の70%となることには注意が必要ですが、解約払戻金があり貯蓄性のある終身保険です。

保険期間  終身
保険料払込期間  終身払い、短期払い(加入年齢により、選択可能な保険料払込期間が異なる)
契約可能年齢 15歳から75歳まで
最長保障年齢  終身
保険金金額範囲  200~5000万円
リビングニーズ特約の有無 付加可能
その他特約  –
保険料払込免除  保険料払込期間中に被保険者が、不慮の事故により約款所定の身体障害の状態(片眼失明、両耳聴力喪失など)に該当したとき、ご契約は継続したまま将来の保険料の払込みが免除されます。
支払い方法  銀行口座振替(ゆうちょ銀行除く)・ゆうちょ銀行総合口座振替(一部金融機関※を含む)・クレジットカード払
備考  –

死亡保険の基本

被保険者が万が一のことがあった場合に死亡保険金が支払われる保険です。遺族の生活費などのために加入します。保障期間・保障内容によって、大きく3つの死亡保険があります。割安な保険料で大きな保障額を実現する定期死亡保険、一生涯の保障を得ることができ、満期金のある終身死亡保険、万一の場合は年金のような形で毎月決まった額が支払われる収入保障保険があります。収入保障保険についてはまとめ記事を書いています。 保険HACKS内記事【2013年】収入保障保険ランキング:全社を比較してわかった選び方

オリックス生命「RISE」特徴

  • 保険料が上がることなく、死亡保障が一生涯続く
  • 低解約返戻期間を過ぎれば、それまで納めた額以上の解約返戻金が見込める
  • 保険金は200~5000万円の範囲で100万円単位で設定可能
  • 不慮の事故により約款所定の身体障害状態になった場合、以後の保険料の払込みは免除される
  • リビング・ニーズ特約を付加することができる

保険プラン例

以下は30歳男性、保険料払込期間60歳払済、保険金額500万円の場合の保険プランです。 終身保険RISE[ライズ] | オリックス生命保険ダイレクト-2

主契約

  • 保険金は200~5000万円の範囲で100万円単位で設定可能
  • 保険料払込期間は終身払い・短期払いから選択可能

終身保険RISE[ライズ] | オリックス生命保険ダイレクト-1

保険料払込期間ごとの契約可能年齢

www.orixlife.jp_product_rise_pdf_rise_pamphlet.pdf-2

リビングニーズ特約

余命6か月以内と判断されたとき、指定保険金額(死亡保険金額の範囲内で3,000万円以内)から6か月間の指定保険金額に対応する利息および保険料相当額を差し引いた金額をお支払いします。

保険料

以下は保険金を500万円に設定した場合の保険料です。

男性 女性
60歳払込済 65歳払込済 終身払い 60歳払込済 65歳払込済 終身払い
30歳 9,240円 8,150円 6,075円 8,495円 7,445円 5,105円
40歳 15,040円 12,835円 8,145円 13,810円 11,284円 6,640円
50歳 32,975円 22,525円 11,515円 30,355円 20,515円 9,020円
60歳 17,595円 13,205円

注意点

スポンサーリンク

解約返戻金を受け取る予定ならば短期払いを

保険料払込期間の解約返戻金は70%に抑制されるという特徴があるので、終身払いを選ぶと保険期間を通じて解約返戻金が70%に抑えられたままとなります。契約者の死亡時に死亡保険金を受け取ると決めているのであれば問題ありませんが解約返戻金を受け取る可能性がある場合は短期払いを選ばないと元本割れしてしまいます。 www.orixlife.jp_product_rise_pdf_rise_pamphlet.pdf

契約年齢・保険金額によって提出書類が異なる

契約年齢・保険金額ごとの提出書類は以下のようになっています。 www.orixlife.jp_product_rise_pdf_rise_pamphlet.pdf-1

他社の終身死亡保険との比較

東京海上日動あんしん生命「長割終身」保険料払込期間は最低10年から1年刻みで設定できる終身死亡保険です。ネットで完結する終身死亡保険を探している場合はアクサダイレクト「カチッと終身」を検討してみるとよいかもしれません。「カチッと終身」の場合は生年月日や払込期間等を設定して試算すると、具体的な解約返戻金額の推移も記載されている設計書を確認することができます。

オリックス生命「RISE」まとめ

終身死亡保険に貯蓄性を求めるのであれば、この「RISE」のような低解約返戻金型(無配当)の終身保険は比較的保険料が安い中で貯蓄性があるので優れています。低解約返戻金型(無配当)の保険自体は多くの保険会社から販売されています(当サイト終身死亡保険記事)。

オリックス生命「RISE」はリビングニーズ特約は付加できるものの、シンプルな終身死亡保険です。特徴としては保険料払込期間の選択肢が比較的多く用意されている点です。シンプルな低解約返戻金型(無配当)の終身死亡保険を探しているのなら、他社と見積もりの上検討してみるとよいでしょう。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険に賢く加入するには、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。生命保険の場合、非喫煙者割引や健康体割引など対面でないと加入できない保険もありますので、ネット生保などに加入する前に相談してみて比較するのが良いです。自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、試しにライフプランニングをしてもらって万が一の場合の家族の生活費や、老後に必要となる資金などを試算するといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

すでに加入している生命保険の見直しなら店舗に行かずアプリですぐ診断が可能に。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-オリックス生命, 終身死亡保険

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.