自動車保険

2017年度自賠責の新保険料早見表【6.9%値下げの具体的な内訳は?】

投稿日:

先日、自賠責の保険料 4月から平均6.9%引き下げへと報じられました。自動車やバイク(原付含む)を所有している人に加入が義務付けられている自賠責保険料は、自家用車を持つ人には実質的には自動車に関わる税金のひとつといっても過言ではないでしょう。前回の改定があった2013年には、自賠責保険の累積赤字の解消や後遺障害の残る事故の増加などを受けて値上げをしていました。

今回は、自動ブレーキなどの安全技術の向上によって事故が減少したことを受けて、久しぶりの保険料引き下げになったようです。というわけで、具体的に保険料がいくらになるのかを、金融庁の自動車損害賠償責任保険審議会議事次第に提出された資料から紹介しましょう。

スポンサーリンク

自家用自動車、軽自動車、中型~大型バイクの自賠責新保険料

車種 保険期間
36ヶ月 24ヶ月 12ヶ月
自家用乗用自動車 39,120円

35,950円
27,840円

25,830円
16,350円

15,520円
軽自動車 36,920円

34,820円
26,370円

25,070円
15,600円

15,130円
小型二輪車(250cc超) 18,020円

14,690円
13,640円

11,520円
9,180円

8.290円

250cc未満の小型バイク、原付自転車の自賠責新保険料

車種 保険期間
36ヶ月 24ヶ月 12ヶ月
軽二輪自動車 18,970円

15,720円
12,290円

12,220円
9,510円

8,650円
原動機付自転車 12,410円

12,340円
9,950円

9,870円
7,280円

7,500円

こうしてみると、バイクの保険料が比較的大きく値下がりしているのがわかります。

車検がある自動車やバイクの場合、車検に合わせて車検の期間分の保険料を支払うことになっていますから、保険料の節約テクニックは特に存在しません。原付自転車の場合は、車検制度がなく自分で加入時期を選んで加入することができますので、保険料が値下がりしたこのタイミングで60ヶ月分(審議会資料には60ヶ月分の新保険料はまだ掲載されていませんでしたが、コレも大きく値下がりすると思われます。)を支払ってしまうのが賢い選択になりそうです。

 

sponsored link

sponsored link

-自動車保険

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.