ニュース

ライフネットついに黒字化おめでとう!(2012年度第三四半期決算)

投稿日:

「ネットだから保険料を安くできる」を唄って、2008年に開業し2012年に上場したライフネット生命保険がついに経常利益、最終利益の面で黒字化を達成しました。

保険会社の実質的な売上高(主に、保険料収入)といえる経常収益も順調に伸びており、この第三四半期には15億円を突破したようです。

黒字化の背景は経常収益の増加に加え、2012年の前半は「上場を機に一気に知名度を上げる」として打ちまくっていたテレビCMなどを効果が高いものに絞って抑制したことが大きそうです。前四半期とくらべて約2億円ほど節約しており、経常収益の安定した増加と合わさって黒字化を達成したようですね。

もちろん、これらの収益をもたらしてくれる契約者も順調に伸び続けており伸び続けており、2012年11月12日には保有契約が15万件を突破しています。

加入者としては、ちゃんと潰れずに保険金を支払ってくれることが何よりも大事です。そういう点では、ライフネットはようやく存続のための最低ラインをクリアしたことになります。
一般に保険会社は、契約を獲得するために大量の費用が必要(営業職員だったり、広告宣伝費だったり、パンフレットの送付費用だったり)で、一旦契約を獲得した後は安定的な保険料収入が望めることから、一度黒字を達成したライフネットが赤字に転落することは、コストコントロールに大失敗したり無茶な運用によって損失を被ったりしない限りありえないはずです。今のところ、責任準備金(将来の支払いに備えるお金)は国債を中心に安定運用にこころがけているようなので、突然の破綻はありえないでしょう。

保険料の(部分的)自由化の規制緩和を受けて参入したベンチャー企業であるライフネットですが、黒字化を達成したことには素直におめでとう!と言いたいと思います。

ちなみにライフネットの創業時について気になる方は、同社の副社長である岩瀬大輔氏が開業当時にビジネスプランについて説明している動画がオススメです。


このときのビジネスプランを黒字化を達成した今から振り返ってみる企画をやってくれたら面白いのになぁ、と思っています。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-ニュース

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.