入院経験談

適応障害で入院した体験談

投稿日:

適応障害は神経症圏の一つで、あるストレスから起因して起こる病気です。

私の場合、「頭痛、吐き気、めまい、腹痛、摂食障害、右耳の突発性難聴、右目の異常」がありましたので、神経内科・眼科を経て、精神科に受診となりました。
薬漬けになり、副作用があったのが大変でしたね。

体重が40キロまでに落ちた頃(身長は160センチですので、かなりガリガリでした)、自宅で倒れて救急搬送されて入院となりましたが、基本的に、ストレスを除かない事には治らない病気ですので、すぐに完治する治療法はありません。
食べ物が食べられなかった私は入院中、ずっと点滴をしていました。
また、長くは入院させてもらえないので、薬を処方してもらい一度退院する事になりました。

それから暫くして、薬の副作用が嫌で薬を止め、入院から9ヶ月たった頃、その不快症状が治まってきました。
現在は殆どその症状はありません。

適応障害はなかなか周囲に理解されにくい病気です。
私は「理解されない」事にも苦しみましたが、だんだん「理解してもらおう」とも思わなくなった頃から症状が落ち着いてきたようにも思えます。
焦らない事が重要だと思います。

スポンサーリンク

治療費用・入院日数

治療費用:20万円
入院日数:6日間

保険金の支払い

加入していた保険:県民共済
保険金支払額:4万円

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-入院経験談

Copyright© 保険Hacks , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.