【原動機付自転車】125cc以下バイクの自賠責保険料一覧2013年版

平成25年に改訂(値上げ・値下げは車種によります)された新しい自賠責保険の基礎料率を調べました。沖縄地域や離島地域を除いた一覧表しか見つからなかったので、これらの地域も含めた完全版として作成しました。

原動機付自転車の範囲

排気量が125cc以下の通称「原付自転車」が、この区分の対象となっています。原付免許で乗ることが可能な「第一種原動機付自転車」と、運転には普通二輪免許(小型限定でも可)が必要な「第二種原動機付自転車」が含まれます。125ccを超える250cc以下のバイクは「検査対象外軽自動車」、250cc超のバイク(大型バイクを含む)は「小型二輪自動車」となっていますので確認してみてください。

自賠責保険料一覧(2013年4月改訂版)

本土(沖縄と離島を除く地域) 離島(沖縄以外の離島) 沖縄(沖縄本島) 沖縄の離島
60ヶ月 17330円 5350円 5350円 5350円
48ヶ月 14890円 5210円 5210円 5210円
36ヶ月 12410円 5070円 5070円 5070円
24ヶ月 9870円 4930円 4930円 4930円
12ヶ月 7280円 4790円 4790円 4790円

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

投稿日:2013年2月3日 更新日:

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.