三井住友海上火災保険 自転車保険

三井住友海上「ネットde保険 @サイクル」は入院保険金が手厚く賠償金1億円、示談交渉サービス付きの自転車保険

投稿日:

三井住友海上「ネットde保険 @サイクル」概要

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる | 三井住友海上-3

三井住友海上「ネットde保険 @サイクル」は2014年4月より三井住友海上火災が販売を開始した自転車保険です。「GK ケガの保険(パーソナル総合傷害保険(交通傷害型))」の自転車利用者に必要な補償をパッケージ化した商品です。インターネットで簡単に申し込むことができ、保険料はクレジット払いとなっています。

これまで同社は自転車保険としては「GK ケガの保険交通傷害プラン(パーソナル総合傷害保険(交通傷害型))」にオプション補償で【日常生活賠償特約】をセットした「GK CYCLE自転車の保険」を保険市場を取扱い代理店として販売しています。「ネットde保険 @サイクル」はどのような自転車保険かまとめてみました。

三井住友海上火災「ネットde保険 @サイクル」特長

自転車事故のみならず、交通事故によるケガを補償します。賠償責任保険金は国内の事故に限りますが、1億円を補償しています(A,Bコースのみ)。また、賠償責任保険金は日常生活中の事故についても補償しています(例:マンションで、風呂場の水を溢れさせ、階下に浸水させてしまう等)。Cコースは賠償保険金がないので注意しましょう。示談交渉サービスもついており、死亡保険金・高度障害保険金も比較的高い水準です。Aコースのみですが、通院保険金があります。

賠償責任保険金 最高1億円(A、Bコースのみ)
死亡保険金 500万円
後遺傷害保険金 500万円
入院保険金日額 6,000円
手術保険金
通院保険金日額 1,000円(Aコースのみ)


※賠償責任保険金は国内のみ

自転車保険の基本

自転車保険では、自転車事故に見舞われた場合に賠償金、死亡保険、後遺傷害保険、入院保険金、手術保険が下りるというものが基本です。保険によっては通院でも保険金が出る場合もあります。

選ぶポイントは高額な賠償請求が発生した場合に備えられることです。もし他の保険で賠償請求に対応できるのであれば、賠償請求に重きを置いて選ぶ必要ありません。自転車保険を検討される前に、自動車保険などで賠償請求に備えていないか確認してみましょう。

示談を代行してくれるサービスが付帯しているかどうか、補償は国内事故に限るのか、海外でも効くのかという点も選ぶポイントになるでしょう。

保険プラン

補償範囲に応じて3つのプランが用意されています。

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる | 三井住友海上-1

スポンサーリンク

ケガの補償は自転車以外の交通事故も対象

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる | 三井住友海上-5

賠償責任保険金は日常生活中の事故も対象

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる | 三井住友海上-4

保険料

A、B、Cコースそれぞれの保険料です。本人型、夫婦型、家族型、配偶者対象外型の4種があります。

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる | 三井住友海上-2

三井住友海上火災「ネットde保険 @サイクル」まとめ

海外での補償について

傷害については国内外補償します。賠償については国内のみ補償します。

弱い点を上げるとすれば手術保険金が用意されていないこと

保険料は補償を見る限り、高くも安くもないでしょう。入院日額はかなり高い部類です。弱い点を挙げるとすれば、手術保険金が用意されていないことでしょうか。同価格帯で補償の手厚い自転車保険としては、年間4160円で賠償金1億円に示談交渉サービスのある、セブンイレブンで入る「自転車向け保険」があります。死亡・高度障害保険金は400万円(「ネットde保険 @サイクル」より100万円少ない)ですが、同じく日額6000円の入院給付金に加え手術給付金のある自転車保険です。

同三井住友海上「GK CYCLE自転車の保険」との比較

示談交渉サービスは何か合った場合には強力であると考えられるため、基本的には「ネットde保険 @サイクル」の方をおすすめします。

「ネットde保険 @サイクル」の強み

  • 示談交渉サービス有
  • 入院日額が6000円(「GK CYCLE自転車の保険」は2000円)

「GK CYCLE自転車の保険」の強み

  • どのプランにも通院保険金(日額1000円)が付帯している

他の賠償責任保険金は他の保険で備えている人はCプランでもよいかも

他に賠償責任保険に入っていてそちらと補償が被らないようにするのならば、賠償責任保険金がなく保険料の安い「ネットde保険 @サイクル」のCプランを選択するのもありです。そうなると交通事故による死亡・高度障害保険金と入院給付金のみの補償となります。これらの補償もまた他の保険と被ることがないか、或いはこれらの補償を自転車保険で備えるべきなのか等ご検討ください。

保険Hacks内自転車保険まとめ記事

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-三井住友海上火災保険, 自転車保険

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.