自転車保険

月額1000円以下で入れる自転車保険をまとめてみた

投稿日:2013年9月26日 更新日:

自転車保険と、自転車保険の含まれる傷害保険やレジャー保険についてのまとめ

自転車保険について

自転車保険は、自転車の事故によって自分自身がケガをしてしまった時の補償(死亡・高度障害保険金、入院保険金など)と、誰かとぶつかってしまい、相手に怪我をさせたり、相手の持ち物を壊してしまったりした時の損害賠償(賠償請求補償金)がセットになっている保険です。自転車保険は自転車(もしくは交通事故)によるケガや賠償責任を補償するものです。

傷害保険、レジャー保険について

自転車保険よりも補償範囲の広いものには傷害保険があります。これは広く日常のケガ・賠償責任を補償するものです。レジャー保険になると、日常だけではなく、たとえばスキー・スノーボードによるケガなども補償します。補償範囲が広くなる分、通常自転車保険よりも高い保険料となります。自転車事故のみに特化せず、幅広い補償を求める場合は傷害保険やレジャー保険が適しています。

スポンサーリンク

自転車保険の保険料ってどのくらいが相場なの?

「月額1000円以下」つまり年額12000円以下というのは、自転車保険ではかなり手厚い補償の保険に入れる値段です。実際、いろいろな自転車保険を比較してみると、年額4000~5000円で自転車保険として必要な補償(賠償請求補償金、死亡・高度障害保険金、入院保険金)を用意しているというところが多く見られます。そのため、まずは年額4000~5000円のラインで検討されることをおすすめします。

ドコモ「サイクル保険」

ドコモの保険 | サービス・機能 | NTTドコモ-2

ドコモ保険「サイクル保険」はドコモプレミア会員であれば、ネットワーク暗証番号と生年月日を入力するだけで加入できる保険です。補償内容は手厚く、示談サービス有、賠償請求保険金の最高額は2億まで補償、海外の事故も補償の対象内です。入院保険金・手術保険金もあります。個人プランの保険料は年間5280円です。

あ・う・て じてんしゃBycle  (スタンダード傷害保険)  au損保

 

あ・う・て「自転車バイクルBycle」は自転車事故重視の交通事故の保険で、交通事故によるケガを補償してくれて、中でも自転車事故の場合は保険金が2倍になります。家族3人以上で加入すると保険料が割安になります。自転車のトラブルに対応する自転車ロードサービスがセットになっています。

保険料は、自転車事故は保険金が2倍、自転車ロードサービスが付き、個人賠償責任に5,000万円、死亡・後遺症に300万円、入院日額4,000円が補償されるブロンズタイプは1年で4,290円

さらに、入院一時金2万円が加わり、個人賠償責任に1億円、死亡・後遺症に400万円、入院日額6,000円、通院日額1,000円が補償されるシルバータイプは1年で6,910円

それに加えて、入院一時金5万円、示談代行サービス、弁護士費用等300万円、法律相談費用5万円がついて、個人賠償責任に1億円、死亡・後遺症に400万円、入院日額6,000円通院日額2,000円が補償されるゴールドタイプは1年で11,460円です。

セブンイレブンで入る自転車向け保険

セブン-イレブン e保険ストア-4

セブンイレブン(e保険ストア)の自転車保険は、セブンイレブンで申し込みをして、三井住友海上の自転車向け保険の加入できるというシステムの保険商品です。セブンイレブンの自転車向け保険はこの価格帯ではかなり手厚い自転車保険となっています。個人賠償責任保険金が最高1億円で、示談交渉サービスもあります。入院保険金・手術保険金も手厚い自転車保険です。保険料は年間4160円です。

三井住友「ネットde保険 @さいくる」

自転車向け保険 ネットde保険@さいくる | 三井住友海上-3

「ネットde保険 @サイクル」は賠償責任保険金最高1億円、示談代行サービス有、入院保障金が手厚い自転車保険です。最もスタンダードなプランであるBプランは年額4490円です。

チューリッヒ保険 スーパー傷害保険Lite

スーパー傷害保険Lite|チューリッヒの傷害保険

チューリッヒ保険「スーパー傷害保険Lite」は、交通事故限定の保険です。保険料 年間3750円で、賠償責任補償 最高5000万円、死亡保険金 500万円、後遺障害保険金 最高500万円、入院保険金 日額5000円、手術保険金 入院保険金の10倍(入院を伴わない場合5倍)が保障されます。外国での事故も補償されるところが特長です。

朝日火災「自転車保険」

朝日火災 自転車の保険 | イオン保険マーケット-2-2

朝日火災「自転車保険」は、賠償責任保険金が1億円と高額であり、かつ海外の事故も補償の対象になる保険です。示談交渉サービスはないものの、年間3,980円で損害賠償は1億円まで補償され外国でのケガも補償範囲に含んでいます。

 

ワンコイン保険(普通傷害保険) アメリカンホーム保険

月々500円で安心を賢く備える!アメリカンホーム・ダイレクトのワンコイン保険

アメリカンホーム保険「ワンコイン保険」月々500円で自転車での事故、交通事故、仕事中や、プライベートでの怪我を保障してもらえます。自転車保険として備えるなら、賠償責任タイプを選ぶことになると思いますが、賠償背金タイプの場合はレンタル品も補償の範囲内であるということが特長です。
個人賠償責任が最高3,000万円付く、賠償責任補償タイプ、携行品の補償が最高10万円つく携行品保障タイプなどがあります。どのタイプも月々の保険料は500円で、死亡・後遺障害には最高190万円、入院日額には3,000円が保障されます。

JCA自転車総合保険 (普通傷害保険)日本サイクリング教会

Japan Cycling Association 

JCA自転車総合保険は年会費5,000円を納めてJCAの会員になり、かつ3000円で保険に入るとJCA自転車保険が付与されます。

賠償責任補償は5000万円、本人への障害補償は死亡・後遺障害に対して、それぞれ213万円が補償されます。示談代行サービス有り、賠償責任補償は自転車事故だけではなく日常生活も補償範囲です。傷害補償については海外でのケガも補償対象になっています。

自転車の責任保険(交通事故傷害保険)エアーリンク総合保険センター

http://bicycle.sougouhoken.jp/

交通事故傷害保険に月々317円(幼児)~624円(大学生)を増やすだけで自転車事故が補償されます。

子供の年齢によって補償内容が細かく設定されていて、補償の内容は賠償責任以外にも、扶養者が亡くなった場合の育英費用、怪我、子供本人の死亡・後遺障害に対しての補償がされます。

補償される主な保険金は、賠償責任補償 最高1億円、死亡保険金 288万円、後遺障害保険金 最高288万円、入院保険金 日額3000円、手術保険金 手術に応じて3万年•6万円•12万円です。

保険HACKS関連記事

ケータイやコンビニで手軽に入れる自転車保険を比較してみた

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

 

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-自転車保険

Copyright© 保険Hacks , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.