自転車保険

日本サイクリング協会「JCA自転車保険」は保険料は高いが補償範囲の広い保険

投稿日:

「JCA自転車保険」の紹介

Japan Cycling Association

日本サイクリング協会「JCA自転車保険」は、三井住友海上火災保険株式会社が引受け、株式会社サイクリックが取り扱い代理店となっている保険です。サイクリング中のみならず、通勤・通学時の事故も補償し、日常生活での賠償責任事故も対象となる心強い保険制度です。

この保険に入るためには、JCAの会員であることが必須条件です。会員になるには年額5000円かかります。

保険料

賠償金 1億円
死亡保険金 272万円
後遺傷害保険金 272万円
入院保険金日額 4000円
手術保険金
通院保険金日額


自転車保険の基本

自転車保険では、自転車事故に見舞われた場合に賠償金、死亡保険、後遺傷害保険、入院保険金、手術保険が下りるというものが基本です。保険によっては通院でも保険金が出る場合もあります。

選ぶポイントは高額な賠償請求が発生した場合に備えられることです。もし他の保険で賠償請求に対応できるのであれば、賠償請求に重きを置いて選ぶ必要ありません。自転車保険を検討される前に、自動車保険などで賠償請求に備えていないか確認してみましょう。

示談を代行してくれるサービスが付帯しているかどうか、補償は国内事故に限るのか、海外でも効くのかという点も選ぶポイントになるでしょう。

自転車のみの保険ではなく、日常生活のケガや地震による入院・通院、携行品損害など、補償の幅を広げて保険料を高く設定しているケースもあります。

特徴

  1. 賠償責任保険金最大1億円まで補償
  2. 賠償責任保険金は日常生活も補償範囲(他人をケガさせたり、他人の物を壊したり等の賠償責任を補償)
  3. 示談交渉サービス有
  4. 傷害補償については国外でのケガや通勤・通学中のケガも補償

保険プラン・保険料

Japan Cycling Association-2

Japan Cycling Association-1

注意点

年額5000円のJCAの賛助会員であることが必須条件です。

他社自転車保険との比較

「JCA自転車保険」は、通院や手術に対しての補償はないものの、賠償責任保険金が最大1億円まで補償される上に示談交渉サービス有なのは強みでしょう。賠償責任保険についてもサイクリング中のみに限らず日常で発生する賠償責任を補償しています。

「JCA自転車保険」と比較的近い価格帯(といってもこれよりも安い)と比べると、当然かなり強力な保険となっています。

スポンサーリンク

外国でのケガも補償の対象となる自転車保険

朝日火災の「自転車保険」は外国でのケガの補償・賠償責任保険金1億円

他にも外国でのケガも補償の対象となる保険は朝日火災の「自転車保険」があります。朝日火災の「自転車保険」の強みは賠償責任保険金が1億円まで補償されているという点です。

スーパー傷害保険Liteの場合

外国での事故によるケガも補償対象に含まれますし「手術保険金」があります。

賠償責任補償保険金1億円のある自転車保険

三井住友海上の「GK CYCLE自転車の保険」の場合

月450円(年間5400円)で「賠償金額1億円まで補償」していますが、示談交渉サービスはありません。

賠償責任補償保険金1億円に加え、示談交渉サービスのある自転車保険

セブンイレブンで入る「自転車保険」の場合

年間4160円で賠償金1億円に示談交渉サービスがあります。

あ・う・ての「自転車バイクルBycle」のシルバープランの場合

「自転車バイクルBycle」のシルバープランの保険料は年額6910円となります。

日本サイクリング協会「JCA自転車保険」まとめ

「JCA自転車保険」は通院や手術に対する補償を除けばかなり手厚い保険となっています。ただし、JCAの会員費と保険料を合わせると8000円になります。自転車保険のベーシックなプランは年額4000円前後のものが圧倒的に多いということを考えるならば、おおよそ倍額である8000円を払う価値があるかどうかということをよく検討されるべきです。「JCA自転車保険」の特徴である、賠償責任保険金最大1億円まで補償され、賠償責任保険金の範囲は日常生活も含まれ、示談交渉サービスがついており、傷害補償については国外でのケガや通勤・通学中のケガも補償しているというところを全て兼ね備えていることに魅力を感じる場合は、「JCA自転車保険」に加入するとよいでしょう。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-自転車保険

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.