医療保険 楽天生命

楽天インシュアランスの「ピンポイント/入院支援保険」は、入院短期化を予想する人のための医療保険

投稿日:2013年1月5日 更新日:

アイリオ生命は、もともとエキスパートアライアンスという無認可共済だった会社が2008年に保険会社となったことで誕生した保険会社で、2012年に楽天の完全子会社となりました。

今回、楽天のウェブサイトでは「楽天インシュランス・ピンポイント」として、アイリオ生命のサイトでは「入院支援保険」として紹介されている保険が特徴的なので紹介します。

この保険の最大の特徴は、入院日数に応じてではなくて「1回入院したら10万円を支払う」というものになります。入院日数によらず1回限りで支払われる、というのは非常に微妙と思われますが、入院日数が少なかった場合はむしろありがたい存在といえるかもしれません。最近は入院の短期化が進んでいることで、1泊2日で入院が終わるケースも増えてきましたので、そういった場合でも満額の10万円が貰えるわけです。

スポンサーリンク

保険料は30歳男性で1552円

保険料は30歳男性で先進医療保険付きの場合で月額1552円です。ぶっちゃけ、安くはないです。1552円あれば、いわゆる普通のネット保険で終身医療保険に加入することができるからです。この保険の弱点であり特徴なのが、“入院日数によらずに10万円”と“先進医療保険”なのですが、裏を返せば自分で10万円以上貯金しておけば十分まかなえることにもなります。保険料は年間約2万円なので、5年間積み立てておけば10万円を超えるわけです。これでは「万が一のときに備える」のが保険と考えれば不要と判断せざるを得ません。

すでに別の医療保険に加入している場合か、将来入院の短期化が進むと予想する人におすすめ

この保険を薦めるとすれば、すでに保険に加入していて先進医療保険だけ単独でつけたいという場合か、将来入院が短期化し入院日数に応じて支払われる医療保険は損だと思うという場合に、オススメです。医療費抑制政策等もあって、1泊2日入院が増えるに違いないと予想している場合は、最強の保険といえるかもしれません。

よりよい条件の保険を選ぶために

医療保険は、さまざまな保険が各社から登場しています。自分にあった保険に賢く入るためには、複数の保険会社と契約をしているFPに相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用してじっくり相談してみるのがオススメです。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、試しにライフプランニングをしてもらって万が一のときの医療費や、老後に必要となる資金などを試算するといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-医療保険, 楽天生命

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.