ニュース

住友生命、2013年4月以降に主力商品の保険料を2〜3%値下げへ

投稿日:

47ニュースによると、住友生命が2013年4月以降の保険料について値下げする方針を発表したそうです。

資金を運用する際の目安となる基準料率が引き下げられることで、2013年の保険料は値上がりやむなしと思われていましたが、貯蓄性の高くない商品や保障中心の商品について各社が据え置きの方針を発表しています。住友生命も年金などについては保険料を引き上げるようですが、報道によれば本来貯蓄性が高いはずの「終身保険」や「積立保険」についても値下げするようです。

正直2-3%値下げしたところで、ネット生保や損保系生保のような新興保険会社よりも安くなるわけはないのですが、想定よりも死亡率や事故疾病の確率が低かったことでもたらされる「死差益・危険差益」を値下げを通じて加入者に分配していくという姿勢は好感できます。保険料据え置きを発表していた日本生命なども、もしかしたら対抗値下げしてくるかもしれません。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-ニュース

Copyright© 保険Hacks , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.