オリックス生命

オリックス生保 死亡保障付医療保険Relief W[リリーフ・ダブル]についてまとめてみた。

投稿日:2013年10月24日 更新日:

死亡保障付医療保険Relief W[リリーフ・ダブル]についてまとめてみました。

オリックス生命保険の死亡保障付医療保険Relief W[リリーフ・ダブル]は、更新がないため保険料がご加入時のまま変わらず、死亡保障と医療保障がダブルで一生涯続きます。

※郵送・ネット申し込みどちらも可能

特長・ポイント


不慮の事故による約款所定の身体障害の状態、または病気・ケガによる約款所定の高度障害状態になられた場合、以後の保険料の払込みは免除され、そのまま保障が継続します。

 

保険期間とご契約可能年齢

保険期間:終身
契約年齢:15歳~65歳

保険期間 保険料払込期間 ご契約年齢
終身 60歳払済 15歳~55歳
65歳払済 15歳~60歳
終身払 15歳~65歳

保障プラン(一例)

入院給付金日額に応じて、保険金が決まります。入院給付金日額は3000~10000円まで1000円単位で設定可能です。
以下は3000円、5000円、10000円の場合の保障プランです。

保障内容

七大生活習慣病入院給付金 約款所定の七大生活習慣病を直接の原因として治療のために入院されたときにお支払いします。

  • 1入院120日まで保障
  • 通算支払限度日数:1,000日

※対象となる約款所定の七大生活習慣病は、(1)がん(悪性新生物・上皮内新生物)(2)心疾患(3)脳血管疾患(4)糖尿病(5)高血圧性疾患(6)肝硬変(7)慢性腎不全です。

死亡保険金 死亡されたときにお支払いします。

七大生活習慣病入院給付金日額の500倍をお支払いします。

疾病入院給付金 約款所定の七大生活習慣病以外の病気を直接の原因として治療のために入院されたときにお支払いします。

  • 1入院60日まで保障
  • 通算支払限度日数:1,000日
災害入院給付金 不慮の事故を直接の原因として事故の日も含めて180日以内に治療のために入院されたときにお支払いします。

  • 1入院60日まで保障
  • 通算支払限度日数:1,000日
手術給付金 病気または不慮の事故を直接の原因として治療のために約款所定の手術を受けられたときにお支払いします。

1回につき入院医療特約入院給付金日額の20倍をお支払いします。

先進医療給付金 先進医療による療養を受けられたときにお支払いします。

  • 支払限度:先進医療にかかる技術料と同額(通算2,000万円限度
  • 「先進医療」は厚生労働大臣によって医療技術・適応症(対象となる病気・ケガ・それらの症状)・医療機関が特定されており、治療を受けた時点でこれら全てに該当した場合のみお支払いの対象となります。「先進医療」の見直しにより、治療を受けた時点で「先進医療」に該当していない場合はお支払いの対象にはなりません。
  • 同一の被保険者において、先進医療給付のある当社特約の重複加入はできません。

※ 先進医療特約を付加されていない場合は、お支払いできません。

 

保険料について

保険料は、希望する保障を以下から選んで、自分の契約年齢に応じた金額が月払い保険料となります。保険料は上がることはありません。

入院給付金日額 3000~10000円(1000円単位で選択可能)
保険料払込期間 60歳払済 or 65歳払済 or 終身払

65歳払済や、以下の表にはない入院給付金日額については公式ウェブサイトでのお見積りとなります。
 

保険料表


 

加入不可のケースも有

  • 病気やケガなどで治療中の方、過去に手術や大病で入院した人は加入不可の場合があります。
  • 無職の人(失業者の方を含む)は、原則として引受け不可(主婦、学生、年金生活者等を除きます)。
  • 職業や収入状況によっては、加入できない場合や保障額に制限がある場合があります。
    【主な例】坑内・採石・石切作業、潜水・港湾作業等に従事

 

解約払戻金はないのですが、その分お得!

通常、死亡保険金と解約払戻金を同時に受け取ることはありません。解約してしまったら死亡保険金を受け取れないですからね。一生涯の保障、つまり死亡保険金を受け取ることを前提にこのRelief W[リリーフ・ダブル]を選んでいるのであれば、問題になりません。

例えば30歳男性が入院給付金日額5000円、60歳払い済のプランに加入した場合、月払い保険料が5281円で60歳までに支払う保険金総額は190万1160円となります。これは死亡保険金額250万円よりも59万8840円も安いのです。これは、Relief W[リリーフ・ダブル]に加入する大きなメリットです。それまで医療保障もあり、死亡保険金も受け取ることが可能です。しかもトータルで見た収支としてプラスになるので大変お得です!
http://www.youtube.com/watch?v=zjQB1Vl2N1E

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-オリックス生命

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.