「県民共済愛知生協」のプランとクチコミ・評判

愛知県に在住か在勤の人が入ることのできる県民共済愛知生協のプランについて調べてみました。

2000円で入れるプランの内容

生命共済には、死亡保障と入院保障のバランスがとれた「総合保障型」と、入院保障を手厚くした「入院保障型」があります。両方に加入することも可能です。

スポンサーリンク

総合保障型

生命共済 総合保障型:保障内容|県民共済愛知県生協

保障内容
保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 5,000円 1日当たり 5,000円
病気 1日目から124日目まで 1日当たり 4,500円 1日当たり 4,500円
通院 事故 14日以上90日まで 実通院当初から1日当たり1,500円 実通院当初から1日当たり1,500円
後遺障害 交通事故 1級 600万円 ~
13級 24万円
1級 470万円 ~
13級 18.8万円
不慮の事故(交通事故を除く) 1級 400万円 ~
13級 16万円
1級 300万円 ~
13級 12万円
死亡

重度障害
交通事故 1,000万円 700万円
不慮の事故(交通事故を除く) 800万円 530万円
病気 400万円 230万円

入院保障型

生命共済 入院保障型:保障内容|県民共済愛知県生協

保障内容
保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 10,000円 1日当たり 7,500円
病気 1日目から124日目まで 1日当たり 10,000円 1日当たり 7,500円
通院 事故 14日以上90日まで 実通院当初から1日当たり1,500円 実通院当初から1日当たり1,500円
手術(当組合の基準による) 2.5万円・5万円・10万円 1万円・2万円・4万円
先進医療(当組合の基準による) 1万円~150万円 1万円~75万円
死亡・
重度障害
交通事故 10万円 5万円
不慮の事故(交通事故を除く) 10万円 5万円
病気 10万円 5万円

月2000円で入れて、1日あたりそれぞれ5000円、10000円の保障とはなかなか充実しています。愛知県に住んでいる場合は要検討ですね。
他の都道府県に住んでいる場合や県民共済以外の共済についても知りたい時は、共済まとめをご覧ください。

県民共済愛知生協のクチコミ一覧

「保険Hacks」の読者の方や、別サイトで行ったアンケートに回答された「県民共済愛知生協」のクチコミを集めました。(※クチコミが表示されていない場合は、現在募集中です。)

  • 我が家が加入したきっかけ
    我が家は主人が別の保険、私が持病で入ることができないので長男のみキッズタイプに先日加入しました。きっかけは、来年長男が就学するからです。これまでは定期的にパンフレットが入ってきてはいたので漠然と「入っておいたほうがいいなあ」と思っていましたがなかなか」行動にうつせませんでした。 現在、保育園に通っているのですが、学年が上がるにつれ、大きな怪我をする子が増えてきた気がします。就学すると家族以外の人たちとの関わりも増えてくるし、運動量や行動範囲も広くなってくると思います。習い事や部活動もやりたいかもしれません。そうなると、怪我や、故意でなくとも他所様の所有物を壊してしまうかもしれない。それが車だったらどうしよう…とモヤモヤと不安になりました。 掛金がリーズナブル(保険の場合、この言い方が合っているのか分かりませんが)ですし、有事の際、「入ろうと思ってたのに~!」とならないように年長の5月からと言う中途半端な時期になってしまいましたが加入しました。
  • 保険内容がクリアで不満がない
    かれこれ10年ほど前に、それまで契約をしていた郵便局の簡易保険が満期になり、その後、新規で契約をしなかったために色々な保険会社を比較していました。ほとんどの保険会社さんは満期後に払い戻しがあっても、10年等と言った年数で区切られている物ばかりで、満期時に自分がまた保険に入れるほど健康体でいられるのか、と言う不安もあり、終身もしくはそれに近い形の保険を探していました。 そのような時に、たまたま新聞の折込広告で県民共済の仕組みを知りました。掛け金も左程多くなく、通院や死亡保障もついており、また、”助け合い”の精神から生まれた団体と言うことも非常に興味をひきました。実際に加入をして随分と経ちますが、色々と重宝をさせて頂いています。幸い、実際の保険を使用をしたことはないですが、加入者向けに保健婦さんに健康相談が出来るサービスは時折利用をさせてもらっています。何科にかかっていいのか分からない体調不良や、健康上の不安の相談等、素人では分からないことを時間を問わずに答えて頂けることは本当にありがたいです。 また、年に一度、集められた掛け金の余剰分を返金してくれる仕組みを非常にありがたいです。他の保険会社の通院型の保険も掛けてはありますが、県民共済さんとは今後も長いお付き合いになりそうです。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

投稿日:2012年12月25日 更新日:

Copyright© 保険Hacks , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.