京都府民共済のプランとクチコミ・評判

京都府に在住か在勤の人が入ることのできる府民共済のプランについて調べてみました。

2000円で入れるプランの内容

生命共済には、死亡保障と入院保障のバランスがとれた「総合保障型」と、入院保障を手厚くした「入院保障型」があります。両方に加入することも可能です。

スポンサーリンク

総合保障型

生命共済 総合保障型:保障内容|京都府民共済

保障内容
保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 5,000円 1日当たり 5,000円
病気 1日目から124日目まで 1日当たり 4,500円 1日当たり 4,500円
通院 事故 14日以上90日まで 実通院当初から1日当たり1,500円 実通院当初から1日当たり1,500円
後遺障害 交通事故 1級 600万円 ~
13級 24万円
1級 470万円 ~
13級 18.8万円
不慮の事故(交通事故を除く) 1級 380万円 ~
13級 15.2万円
1級 300万円 ~
13級 12万円
死亡

重度障害
交通事故 1,000万円 700万円
不慮の事故(交通事故を除く) 780万円 530万円
病気 400万円 230万円

入院保障型

生命共済 入院保障型:保障内容|京都府民共済

保障内容
保障期間 18歳~60歳 60歳~65歳
入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 10,000円 1日当たり 7,500円
病気 1日目から124日目まで 1日当たり 10,000円 1日当たり 7,500円
通院 事故 14日以上90日まで 実通院当初から1日当たり1,500円 実通院当初から1日当たり1,500円
手術(当組合の基準による) 2.5万円・5万円・10万円 1万円・2万円・4万円
先進医療(当組合の基準による) 1万円~150万円 1万円~75万円
死亡・
重度障害
交通事故 10万円 5万円
不慮の事故(交通事故を除く) 10万円 5万円
病気 10万円 5万円

月2000円で入れて、1日あたりそれぞれ5000円、10000円の保障とはなかなか充実しています。京都府に住んでいる場合は要検討ですね。
他の都道府県に住んでいる場合や県民共済以外の共済についても知りたい時は、県民共済グループのまとめをご覧ください。

京都府民共済の電話番号

連絡先:075-361-0024 ( 営業時間 平日 9:00-17:00 )

京都府民共済のクチコミ一覧

「保険Hacks」の読者の方や、別サイトで行ったアンケートに回答された「京都府民共済」のクチコミを集めました。(※クチコミが表示されていない場合は、現在募集中です。)

  • 府民共済を選んだ理由 府民共済に入る前までは某保険会社の保険に加入していました。職場でグル−プ企業の保険会社だったので保険料は結構高かったのですが、付き合いで入りました。先日、居眠り運転で自動車事故を起こしてしまい、打撲とか骨にヒビが入ったりして入院することになりました。傷害も対象だったので、保険会社に保険金を請求したところ、居眠り運転であなたにも過失があるので保険金の支払えないとのことでした。治療費に支払いのめどがたたず困り果てていました。 その時、父母が僕に掛けてくれていた府民共済では、居眠り運転は確かに過失ではあるが故意による過失ではないとのことで保険金を支払ってくれました。退院後かなり損した気分になったので某保険会社は即刻解約しました。今でも府民共済は続けています。その後結婚し、奥さんの保険も府民共済に加入しました。子供が二人生まれましたがやはり府民共済に加入させました。最低限の保険料で、有事の時にしっかり利用できる府民共済は気にいっています。
  • ポストにチラシがよく入っていたので加入しました 府民共済は、ポストにチラシが入っていたので普段からよく目にしていました。社会人になって保険加入を考えていた時に、そのチラシを思い出し検討の結果、加入することにしました。加入のポイントは月々の掛け金が安く、新社会人でも負担が大きくなかったことです。そして、他の保険会社のパンフレットより、補償内容がわかりやすく書いてありました。内容が理解しやすかったことが大きかったです。また大手保険会社は、勤務先にセールスに来て強引に加入させるイメージがありましたが、共済というのはそういうのがなく、信頼できそうな感じがありました。、他の都道府県に引っ越した際は、引っ越し先の共済に移行する必要はありましたが、手続きもスムーズで問題なかったです。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

投稿日:2012年12月25日 更新日:

Copyright© 保険Hacks , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.