医療保険 楽天生命

超長期入院に“だけ”備えたい人には楽天「ロング/60日超保障型入院保険」がオススメ

投稿日:2013年1月6日 更新日:

保険に関する本では、貯金が200万円以上あるなら短期の医療保険に入るメリットは無いとよく言われます。例えば、入院日額5000円支払われる最大60日の医療保険だとすると1回の入院で30万円しか支払われないわけで、それなら「自家保険」として貯金をしておけば十分というわけです。ほんとうに保険が必要なのは、そうした貯金では賄うことができない「超長期」の入院の場合だ、というわけです。しかし、最近の医療保険は「1日目から保障される」が売りになっているものばかりで、逆に超長期入院だけを保障するようなプランは、ほとんど見つけられません。

もともと、無認可共済だったのが2008年に保険会社となったことで誕生したアイリオ生命(2012年に楽天の完全子会社となっています)が、売り出している「60日超保障型入院保険」がまさにこのニーズを満たす商品だったので紹介します。現在、楽天生命から医療保険「楽天生命ロング」として発売されています。

普通の医療保険の常識を裏切る、病気またはケガで継続61日以上入院したときに入院給付金が支払われるという保険になっています。最大で1095日まで補償されるので、連続して3年間入院するような超長期入院のための保険です。逆に60日未満の短期の入院では1円たりとも給付されませんので、短期入院は貯金で賄うとか既に別の保険に入っているという方がターゲットでしょう。

スポンサーリンク

保険料は、だいたい「がん保険」と同じくらいか

保険料は30歳男性で1590円となっているので、だいたい入院無期限保障を謳う「がん保険」と同じような価格になっています。(もちろん、がん保険の場合は「がん診断給付金」がついてくるのが一番大きなポイントですので単純比較できません。)

今のところ、他のネット生保から似たような保険が出ていないので価格の比較はできないのですが、脳に関する疾患やガンなどの入院が長期化しがちなもの“だけ”をピンポイントで保障したいといった、玄人向けの保険と言えそうです。「貯金で賄うことができないような事故や病気を保障するのが保険である」という原理原則に立ち返るなら、アリな選択肢かもしれません。

よりよい条件の保険を選ぶために

医療保険は、さまざまな保険が各社から登場しています。自分にあった保険に賢く入るためには、複数の保険会社と契約をしているFPに相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用してじっくり相談してみるのがオススメです。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、試しにライフプランニングをしてもらって万が一のときの医療費や、老後に必要となる資金などを試算するといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-医療保険, 楽天生命

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.