ニュース

家族のための死亡保険金の相続税軽減で、生保加入がマストになりそう

投稿日:

読売新聞によると、配偶者と未成年の子供の人数に応じて死亡保険金にかかる相続税が大きく軽減される見通しだということです。

これまでの死亡保険の相続税の非課税分が「法定相続人数(妻と子供)×500万円」だったのが、さらに配偶者と未成年の子供について2倍にする案が出ているそうです。仮に、妻と子供が2人だとすると控除額1500万円だったのが、3000万円に倍増することになるかもしれません。

生命保険文化センターの調査によれば、40代の平均加入保険金額が2581万円とのことなのでこれら全てが非課税になると考えられます。これまで、十分に貯蓄があるから、妻も働いているから、といった理由で死亡保険は不要だと判断していた方にとって、こういった相続税の観点から保険に加入するメリットが増えそうです。

2012年度からの介護医療保険料控除の導入や、現在議論されている生命保険の現物支給など、現在生命保険業界に関する規制や税制が大きく変わろうとしています。保険に関するこれまでの常識が微妙に変化しつつあるように思われます。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-ニュース

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.