NKSJひまわり生命 がん保険

NKSJひまわり生命「勇気のお守り」は何度も受け取れる診断給付金と通院・往診の保障が魅力のがん保険

投稿日:2014年3月4日 更新日:

NKSJひまわり生命「勇気のお守り」概要

特徴 | がん保険 勇気のお守り | NKSJひまわり生命NKSJひまわり生命「勇気のお守り」は2年に1回の限度内であれば何度でも受け取り可能な診断給付金、入院給付金、手術給付金に加えて通院・往診給付金を保障しているがん保険です。

がん入院給付金日額を10,000円に設定した場合の保険金
保険期間  終身
診断給付金 100万円
入院給付金 10000円
手術給付金 種類により1回につき
10・20・40万円
通院・往診給付金 10000円
備考  重い障害になった場合、以後の保険料が免除されます。

特徴

  • がん診断給付金は、2年以上経過している場合何度でも受け取れる
  • がんによる入院・手術給付金のみならず通院・往診(外来治療)も年間120日まで保障
  • 月々68円〜138円の特約により先進医療の技術料もサポート(がん先進医療特約)
  • がんと診断確定されたら、治療開始前でもがん診断給付金を受け取れる
  • 所定の高度障害状態となった場合、以後の保険料の払込免除となる

契約可能年齢と払込期間

がん入院給付金日額は10,000円~30,000円まで1,000円単位で設定可能です。ただし、加入時の年齢などにより加入可能ながん入院給付金日額が変わります。

ご契約年齢、保険期間、入院給付金日額、保険料払込方法 | がん保険 勇気のお守り | NKSJひまわり生命

保険プラン

入院給付金日額の違う3つのプランの例を公式ウェブサイトより抜粋。

がん保険(2010)BII型
がん入院給付金日額:10,000円(プラン1)、15,000円(プラン2)、20,000円(プラン3)
保険期間:終身でご加入の場合

保障内容 | がん保険 勇気のお守り | NKSJひまわり生命

保険料

短期払い(一定の期間までの支払いで保障は一生涯続く)と終身払いの2種類から選択できます。がん入院給付金日額:10,000円(プラン1)、15,000円(プラン2)、20,000円(プラン3)で試算しました。先進医療特約の保険料(月々68円〜138円)は含んでいません。

がん保険price.numbers-2

公式ウェブサイトのQ&Aより一部抜粋

Q:白血病による入院・手術は保障の対象になりますか?

A:はい、保障の対象になります。

白血病と診断確定された場合や、白血病による入院、手術、通院をされた場合についても、がんと診断確定された場合や、がんによる入院、手術、通院をされた場合と同様の保障になります。

「勇気のお守り」はがん診断給付金がとにかく手厚い

  • がん診断給付金は2年に1回を限度に何度でも受け取ることが可能
  • がん診断給付金は、がんの進行度に関わらず減額されずに受け取れる

がん保険によっては、「上皮内がんの場合減額」となることもあるのですが、「勇気のお守り」のがん診断給付金は、初期がんの場合でも上皮内がんも同額保障されます。

乳房の再建術をした場合もがん手術給付金を受け取れる

乳がんで乳房を喪失された場合の再建術もがん手術給付金の受け取り対象となっています。他社のがん保険では受け取り対象にならなかったり、女性特有のがんに備えた特約に入っていなければ保障されないことがほとんどなのですが、「勇気のお守り」では乳房の再建術もがん手術給付金の受け取り対象です。

公式ウェブサイトのQ&Aより
Q:がんの乳房切除術により喪失した乳房の再建術を受けた場合は、保障の対象になりますか?A:はい、がん手術給付金の保障の対象になります。乳がんの手術のため乳房を切除し喪失された場合で、喪失された乳房の再建術(元の形態に戻す手術)を受けられた場合も、がん手術給付金をお受け取りいただけます。
片方の乳房につき1回の給付を限度に保障されます。

「がん外来治療給付金」は通院のみならず往診でも受け取ることが可能

年間120日を限度としていますが、通院・往診に関しても入院給付金と同額の「がん外来治療給付金」を受け取ることができます。

オリックス生命「がん保険 Believe」の通院保障プランと比較してみました

NKSJひまわり生命「勇気のお守り」は、オリックス生命「がん保険 Believe」の通院保障プランとかなり近い保障内容となっています。比較してみました。

がん保険price.numbers-23

このように、かなり近い保障内容ではあるものの、「がん診断給付金」「がん治療給付金(Believeのみ)」の金額や受け取り回数に違いがあります。また、手術給付金にも違いがあります。最も着目すべきは「がん外来給付金」と「がん通院給付金」の違いです。「勇気のお守り」では年間120日まで通院・往診を保障していますが、「がん保険 Believe」では条件が厳しいのです。がんで入院し、その入院となったがんの治療で通院する場合に限っていますし、60日までの保障です。「がん保険 Believe」の通院保障プランは、通院保障プランと銘打っているわりには通院を充分に保障しているわけではありません。

他の保障に差があるので一概には言えませんが、通院を手厚い保険を選びたいということであればオリックス生命「がん保険 Believe」よりもNKSJひまわり生命「勇気のお守り」の方が向いています。

NKSJひまわり生命「勇気のお守り」まとめ

NKSJひまわり生命「勇気のお守り」は他社のがん保険と比べると保険料は高い部類に入ります。しかし、何度も受け取れるがん診断給付金や、入院給付金と同額の「がん外来治療給付金」の付帯した手厚い保険です。年々、がんによる入院日数は少なくなっている傾向にあります。また、可能であるならば入院よりも通院を望む人も多いでしょう。通院や往診も入院給付金と同額保障されるというのはとても心強い保障であると言えます。

よりよい条件の保険を選ぶために

がん保険は、さまざまな保険が各社から登場しています。自分にあった保険に賢く入るためには、複数の保険会社と契約をしているFPに相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用してじっくり相談してみるのがオススメです。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、試しにライフプランニングをしてもらって万が一のときの医療費や、老後に必要となる資金などを試算するといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

 

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-NKSJひまわり生命, がん保険

Copyright© 保険Hacks , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.