がん保険 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

アフラック「生きるためのがん保険 Days」は通院・往診を日数無制限で保障しているがん保険

投稿日:2014年3月4日 更新日:

アフラック「生きるためのがん保険 Days」概要

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

アフラック「生きるためのがん保険Days」は保障の幅により「ベースプラン」「スタンダードプラン」「フルサポートプラン」3タイプが用意されている保険です。「ベースプラン」で通院・往診を保障しているというところがユニークな保険です。若い人は「ベースプラン」を選ぶことで保険料を抑えることができます。

「ベースプラン」入院日額10000円のプランの場合

保険期間  終身
診断給付金 100万円(上皮内新生物の場合10万円)
入院給付金 10000円
手術給付金 20万円
備考  ・保険料の払込免除はない。

特徴

  • 「入院」はもちろん、三大治療※による「通院」保障も日数無制限!
    ※三大治療とは手術・放射線・抗がん剤治療をいいます
  • スタンダードプラン以上の場合、三大治療(手術・放射線・抗がん剤治療)をしっかり保障!
    手術は一部を除き回数無制限、放射線治療は60日間に1回(回数無制限)、抗がん剤治療はすべての保険期間を通じ通算600万円まで保障します。(入院給付金日額10,000円の場合)

保険プラン

アフラック「生きるためのがん保険 Days」では3つのプランが用意されています。

  • ベースプラン:がん治療に必要な基本保障をカバー
  • スタンダードプラン:基本保障に加えてがんの三大治療(手術・放射線・抗がん剤治療)も保障
  • フルサポートプラン:スタンダードプランの保障に加えて、「ライフサポート年金」と「再発・長期治療給付金」が受け取れる

特徴は「ベースプラン」に「通院給付金」が入っていることです。手術給付金は入っていないのです。スタンダードプランを選ばなければ手術給付金は保障されないので注意しましょう。

生きるためのがん保険Days(デイズ) 保障内容|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

生きるためのがん保険Days(デイズ) 保障内容|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-1

保険料

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-2

 

特約について

3つの特約があります。「がん先進医療特約」については月額79円で付加できるため、気になる人は付けておいた方がよいかもしれません。

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-3

スポンサーリンク

所得サポート特約

初めてがんだと診断確定されたとき、月10万を24ヶ月にわたって受け取ることができる特約です。

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-6-1

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-5-1

 コサージュ

女性特有の手術(乳房脱血切除術・至急全摘手術・卵巣全摘出術)を受けた場合に20万円、乳房再建術を受けた場合には50万円受け取ることができます。

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-8-1

生きるためのがん保険Days(デイズ)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)-9-1

注意点

  • 診断給付金の受け取りは「がん」「上皮内新生物」それぞれ1度のみ
  • アフラック「生きるためのがん保険 Days」保険料の払込免除はありません。たいていのがん保険は、死亡の場合については払込免除はないものの所定の高度障害となった場合は払込免除があります。

公式ウェブサイトよりQ&A抜粋

Q:<がん先進医療特約>の「がん先進医療一時金」はどのような場合に支払われますか?
A:「がん先進医療一時金」は厚生労働大臣が定める先進医療を受け、「がん先進医療給付金」が支払われた場合にお支払いいたします。
ただし、1年間に1回までのお支払いになります。※当社「がん保険」「医療保険」に付加する先進医療の特約は、被保険者お1人につき通算して1特約のみご契約いただけます。(<がん高度先進医療特約>は通算には含みません。)
※がん先進医療一時金は、「上皮内新生物」は保障の対象となりません。
Q:ライフサポート年金(診断給付年金)を一括で受け取ることはできますか?
A:ライフサポート年金(診断給付年金)は、初めてがんと診断確定されたあと、2年目以降その診断確定日の年単位の応当日に生存されている場合(診断確定日の属する年を含め5年目まで)、お支払いさせていただくものですので、一括でお受け取りいただくことはできません。
※ライフサポート年金(診断給付年金)は、「上皮内新生物」は保障の対象となりません。

通院給付金の受け取り条件

アフラック「生きるためのがん保険 Days」は通院給付金が特長なので、受け取り条件を抜粋しておきます。

  • 「がん」・「上皮内新生物」の治療を目的として、所定の手術・放射線治療(電磁波温熱療法を含む)・抗がん剤治療(経口投与によるものを除く)のために通院したとき
  • 「がん」・「上皮内新生物」の治療を目的として、入院給付金が支払われる入院後、通院したとき

アフラック「生きるためのがん保険 Days」まとめ

「生きるためのがん保険 Days」は3つのプランにそれぞれ特徴があるので、個別にまとめました。

ベースプランの場合

ベースプランは、安い保険料で「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」が受け取れるがん保険です。「通院給付金」は往診も含んでいるので、安く通院に備えることができるがん保険だと言えるでしょう。ただし、このプランには「手術給付金」は出ないというところに注意が必要です。また、30~40歳くらいまでならともかく、50歳以降の値段は安いとは言えません。安いがん保険をお探しなら、アクサダイレクト生命「カチッと終身がん」と比較されるとよいでしょう。「通院給付金」はなくなってしまいますが、値段をかなり抑えることができます。

また、アクサダイレクト生命「カチッと終身がん」の記事でも同内容にふれていますが、50歳以降の女性はオリックス生命「がん保険 Believe」も比較することをおすすめします。年齢によりますが、保険料がほぼ同じくらいになるためです。「がん保険 Believe」の場合は通院保障プランを選ばなければ「通院給付金」付きのプランにはなりません。その点は主契約で「通院給付金」の保障されている「生きるためのがん保険 Days」の方が圧倒的によいのですが、「手術給付金」と「がん治療給付金(2年に1回を限度に何度でも受け取れる)」の点で「がん保険 Believe」に分があります。

スタンダードプランの場合

スタンダードプランを検討するなら、NKSJひまわり生命「勇気のお守り」と比較するとよいでしょう。「勇気のお守り」の方が保険料は安くなります。また、条件はあるものの通院・往診も保障されており、2年に1回を限度に何度も「診断給付金」を受け取ることができることが魅力のがん保険です。「勇気のお守り」と比較したとき、アフラック「生きるためのがん保険 Days」の強みとなるのは通院・往診を日数無制限で保障している点です。

フルサポートプランの場合

フルサポートプランは、スタンダードプランの保障に加えて、「ライフサポート年金」と「再発・長期治療給付金」が受け取れるものですが、保険料はかなり高額です。値段に見合った保障なのかというと疑問です。いずれもすぐに受け取れる性質の保障ではありません。「ライフサポート年金」は初めてがんと診断確定してから2~4年目に生存していた場合に年に1度20万円受け取れるものです(最大80万円の受け取り)。「再発・長期治療給付金」は初めてがんと診断確定してから5年以上経過後に所定のがん治療を受けたとき、もしくは前回の支払いから5年以上経過後に所定のがん治療を受けたときに100万円受け取ることができるというものです。これが得になるかどうかという具体的な分析は難しいのですが、受け取る条件を満たすかどうか分からないものに対してこれだけ高額の保険料を支払うよりは差額を貯金したほうが堅実でしょう。

全体のまとめ

もし入るなら保障を絞ったベースプランでは、という印象です。スタンダード・フルサポートに関しては他と比較したときに圧倒的に優位となる点が見つけにくいです。「生きるためのがん保険 Days」では通院・往診を無制限にサポートしているというのは特徴には違いありませんし、一見強みに見えます。ただし、支払い条件を満たすような通院・往診がどれほど発生するのかは疑問です。

また、診断給付金について「がん」の場合100万円、「上皮内新生物」の場合10万円をそれぞれ1回ずつ受け取ることができます。いずれであっても100万円というがん保険も多い中、「生きるためのがん保険 Days」ではそれらを分けています。

がん保険に何を求めているかを再考の上、検討することをお勧めします。

よりよい条件の保険を選ぶために

がん保険は、さまざまな保険が各社から登場しています。自分にあった保険に賢く入るためには、複数の保険会社と契約をしているFPに相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用してじっくり相談してみるのがオススメです。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、試しにライフプランニングをしてもらって万が一のときの医療費や、老後に必要となる資金などを試算するといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-がん保険, アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

Copyright© 保険Hacks , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.