ソニー生命 介護保険

ソニー生命「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」は要介護状態2以上で介護年金と介護一時金を受け取れる介護保険

投稿日:2014年3月30日 更新日:

「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」概要

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-5

ソニー生命「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」は、要介護状態2以上で介護年金と介護一時金を受け取れる保険です。配当金や払込期間中の解約返戻金はありませんが、そのぶん割安な保険料で介護保険を準備できます。

保険期間  終身
保険料払込期間 終身/短期払い
契約可能年齢 20歳~85歳
最長保障年齢 終身
介護一時金 60万円
介護年金 年額60万円
付加できる特約 介護一時金特約
保険料払込免除特約
5年ごと利差配当付年金支払特約
保険料払込免除特約  有
支払い方法  年払・半年払・月払
備考 契約者貸付制度や保険料の自動振替貸付制度
は利用できません。また、払済保険へ変更することもでき
ません。

「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」特徴

「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」は保障は一生涯の介護保険を割安な保険料で実現しています。公的介護認定の要介護状態2以上で介護一時金・介護年金を受け取り可能です。公的介護認定と連動している上に、ソニー生命所定の要介護状態もあり、こちらに該当する場合でも介護一時金・介護年金を受け取ることができます。所定の高度障害状態、所定の身体障害、介護一時金の支払い事由に該当したときについては以後の保険料支払い免除となるという保障が主契約に備わっています。

主契約

主契約の保障内容です。「要介護状態になられたとき」という行に120万円と記載されていますが、これは介護一時金と介護年金の1回目の合計額なのでご注意ください。介護一時金は60万円です。

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-1

介護一時金特約

こちらの特約を付加することで、介護一時金をさらに手厚くできます。

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-12

保険期間・保険料払込期間とご契約年齢の範囲

払込期間は多く用意されています。ただし40歳以下の人が10年払いや15年払いを選ぶことは不可能です。76歳以上の場合は終身払いしか選択できません。終身払いの場合は解約返戻金はありません。

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-4

介護一時金・介護年金のお支払いの対象となるソニー生命所定の要介護状態

次の(1)または(2)のいずれかに該当する状態をいいます。

(1)機能障害により次の①および②のいずれにも該当する状態。
①寝返りまたは歩行の際に、それぞれ表1に定める介助状態に該当すること。
②表2に定める項目について、全面的介助状態もしくは部分的介助状態に
合計で2項目以上該当し、そのうち全面的介助状態が1項目以上含まれ
ていること、または、部分的介助状態に合計で3項目以上該当すること。

(2)次の①および②のいずれにも該当する状態。
①器質性痴呆と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障
害があり、かつ、表3に規定する問題行動が3項目以上みられる状態。
②表2に定める項目について、全面的介助状態もしくは部分的介助状
態に合計で2項目以上該当し、そのうち全面的介助状態が1項目
以上含まれていること、または、部分的介助状態に合計で3項目
以上該当すること。

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-9

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-10

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-11

保険料例

主契約の保険料

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-2

特約の保険料

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-3

ソニー生命の提供する相談サービスや情報サイト

契約者限定で、24時間保険師・介護士・ケアマネジャーに電話相談できるサービスや介護や病気の治療・予防に役立つサイトを見ることができます。

www.sonylife.co.jp_examine_lineup_list_pdf_PB141.pdf-6

他社の介護保険との比較

スポンサーリンク

一時金型の介護保険

一時金型の介護保険にはAIG富士生命「愛するかぞくのためにいざという時にこどもの世話になりたくない保険」東京海上日動あんしん生命「長生き支援終身保険」があります。「こどもの世話になりたくない保険」は要介護状態4,5でなければ保険金を受け取ることができないことに注意が必要ですが、安い保険金で高額の一時金を備えられる保険です。「長生き支援終身保険」は非常に充実した保険なのですが終身死亡保険としての側面もある分、保険料が高くなります。終身保険を検討している場合でない限りは、保険料が高いことがネックになるでしょう。

年金型の介護保険「介護のささえ」との比較

同じく年金型の介護保険である明治安田生命「介護のささえ」が比較対象としては筆頭に上がるでしょう。どちらも年金型で、介護年金の保険金額はどちらも年額60万円です。「介護のささえ」の利点は5年毎利差配当付きであるということ、また保険料が少し安いということでしょうか。確かに「介護のささえ」の方が保険料は安いです。月々の保険料を安くおさえるということだけみれば「介護のささえ」を選ぶべきということになります。しかし、「介護のささえ」は要介護状態3以上でなければ保険金を受け取ることができません。保障範囲は「介護のささえ」の充実プラン(2つの特約を付加したもの)よりも「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」の主契約の方が手厚くなっています。「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」は要介護状態2以上で保険金を受け取ることができます。また、主契約に介護一時金が含まれており、介護一時金の支払い事由に該当した場合以後の保険料免除が含まれている点が強力です。当サイトでは「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」をおすすめしますが、比較的保障内容の近い年金型の介護保険ですので比較してみるとよいでしょう。

「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」まとめ

ソニー生命「終身介護保障保険(低解約返戻金型)」は要介護状態2以上で介護年金と介護一時金を受け取ることができる保険です。公的介護認定に連動しているだけではなく、ソニー生命所定の要介護状態になった場合にも介護年金と介護一時金を受け取ることができます。また、介護一時金の支払い事由に該当したときについては以後の保険料支払い免除となる保障が主契約に備わっているのは強力です。雑誌などでも評判がよい商品です。当サイトでも今出ている介護保険を独自に比較していますが、介護保険として最も優秀であると見ています。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-ソニー生命, 介護保険

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.