アイペット損保 ペット保険

アイペット損保「うちの子Light」は手術・手術と連続した入院に絞ったペット保険

投稿日:2014年4月16日 更新日:

アイペット損保「うちの子Light」概要

ペット保険 うちの子ライト|犬・猫のペット保険ならアイペット損害保険

「うちの子Light」は手術と手術と連続した入院に絞った補償で安い保険料が特徴のペット保険です。補償割合は90%、最低支払い対象治療費(免責金額)が3万円となっています。

契約可能ペット種類 家庭で愛がん用として飼育される犬もしくは猫、または、身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条(定義)に定める身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)
契約可能ペット年齢 満年齢が12歳11か月まで
保険期間 1年
特約 ペット賠償責任特約を付加可能
割引制度 インターネット割引、多頭割引、無事故継続割引
その他  –
支払い方法 ネット申込の場合はクレジット払い。口座振替を希望の場合は書類申込。

ペット保険の基本

ペット保険は、かかった治療費のうち決まった割合を保険会社が補償する形が基本です。ペットの医療費は通常全額自己負担であるため、大きなケガや病気に見舞われた場合に大きな出費となるケースがあります。補償があれば、高額になりがちな治療費を抑えることができます。ペット保険に加入していることで、高額な治療を選択しやすくなるというメリットもあります。

保険プラン

補償は「手術」「手術と連続した入院(10日まで)となっています。補償割合は90%、手術1回あたりの支払い限度額は50万円です。支払い限度回数が2回/年ということと、最低支払い対象治療費が3万円というところに注意が必要です。

補償開始と保険料|アイペット損害保険株式会社-1

手術と連続している場合についてのみ治療費を補償します。

補償開始と保険料|アイペット損害保険株式会社-2

特約

ペット賠償責任特約を月130円(年1460円)で付加することができます。

補償開始と保険料|アイペット損害保険株式会社-3

保険料

スポンサーリンク

インターネット割引適用の保険料

補償開始と保険料|アイペット損害保険株式会社

犬分類表

犬Ⅰ 犬Ⅱ 犬Ⅲ
あ行アイリッシュ・テリアイングリッシュ・コッカー・スパニエルウェルシュ・コーギー・カーディガンウェルシュ・テリアか行カニーンヘン・ダックスフンドケアーン・テリア

コーイケルホンディエ

さ行

シーリハム・テリア

スキッパーキ

スタッフォードシャー・ブル・テリア

スタンダード・ダックスフンド

た行

ダックスフンド

ダンディ・ディンモント・テリア

チベタン・スパニエル

チベタン・テリア

チャイニーズ・クレステッド・ドッグ

チワワ

チン(狆)

トイ・マンチェスター・テリア

トイ・プードル

な行

日本スピッツ

日本テリア

ノーフォーク・テリア

ノーリッチ・テリア

は行

バセンジー

パピヨン

ビション・フリーゼ

プーリー

プチ・ブラバンソン

ブリュッセル・グリフォン

ベドリントン・テリア

ボーダー・コリー

ボロニーズ

ま行

ミニチュア・プードル

ミニチュア・ブル・テリア

ミニチュア・ダックスフンド

ラサ・アプソ

レークランド・テリア

混血犬(ミックス)15kg以下や行

鷹版犬(ユンバンチェン)ら行

ラサ・アプソ

あ行秋田犬アフガン・ハウンドアメリカン・スタッフォードシャー・テリアアメリカン・ピット・ブル・テリアイタリアン・グレーハウンドイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルイングリッシュ・セター

ウィペット

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

オーストラリアン・キャトルドッグ

オーストラリアン・ケルピー

か行

甲斐犬

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

ケリー・ブルー・テリア

さ行

シェットランド・シープドッグ

柴犬

シベリアン・ハスキー

ジャック・ラッセル・テリア

シャー・ペイ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・ピンシャー

スコティッシュ・テリア

スタンダード・シュナウザー

スムース・コリー

た行

チャウ・チャウ

は行

ビーグル

ピレニアン・シープ・ドッグ

プチ・バセット・グリフォン・バンデーン

ブリタニー・スパニエル

ペキニーズ

ベルジアン・グローネンダール

ベルジアン・タービュレン

バセット・ハウンド

ブル・テリア

ボクサー

ボストン・テリア

北海道犬

ポメラニアン

ポリッシュ・ローランド・シープドッグ

ボルゾイ

ま行

マルチーズ

ミディアム・プードル

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・ピンシャー

や行

ヨークシャー・テリア

ら行

ラフ・コリー

ラブラドール・レトリーバー

わ行

ワイアー・フォックス・テリア

混血犬(ミックス)16kg以上31kg以下

あ行アメリカン・コッカー・スパニエルアイリッシュ・セターアラスカン・マラミュートウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアエアデール・テリアオーストラリアン・シェパードオールド・イングリッシュ・シープドッグ

か行

キースホンド

紀州犬

クランバー・スパニエル

グレート・デーン

グレート・ピレニーズ

ゴールデン・レトリーバー

さ行

サモエド

サルーキ

シーズー

四国犬

ジャイアント・シュナウザー

スタンダード・プードル

セント・バーナード

た行

ダルメシアン

ドーベルマン

土佐犬

な行

ニューファンドランド

は行

パグ

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

フラットコーテッド・レトリーバー

ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

ら行

レオンベルガ―

ロットワイラー

わ行

ワイマラナー

混血犬(ミックス)32kg以上

割引制度

(1)インターネット契約割引

インターネットから申し込むと10%割引。契約継続後も適用になります。

(2)多頭割引

  • 2、3頭 2%割引
  • 4頭以上 3%割引

※保険期間の途中で契約頭数が変更になっても、 すでに契約しているペットの割引率は 満期まで変更にならない。

(3)無事故継続割引

過去1年間保険金の支払いがなかった場合に、継続後の契約の保険料を5%割引。

保険料を支払えない場合

通院・入院

  • 通院および手術と連続していない入院

最低支払対象治療費

  • 保険金支払いの対象となる額が、30,000円に達していない場合

既往症・先天性異常 等

  • 保険期間が始まる前から被っていた傷病
  • 保険期間が始まる前に既に発見されていた先天性異常

ワクチン等の予防接種により予防できる病気

  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬ジステンパーウイルス感染症
  • 犬パラインフルエンザ感染症
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウイルス2型感染症
  • 狂犬病
  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬レプトスピラ感染症
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫白血病ウイルス感染症
★疾病の発症日がその予防措置の有効期間内であった場合および獣医師の判断により予防措置を講じることができなかったと認められる場合を除きます。

予防に関する費用 等

  • 予防目的の際の初診料、再診料 等
  • 予防のためのワクチン接種費用 等
    ★ワクチン接種が原因で生じた傷病の場合を除きます。
  • フィラリア・ノミ・ダニ等の駆虫薬および薬剤投与等の処置に要する費用 等
    ★駆虫薬を「傷病の治療」として用いる場合を除きます。

傷病にあたらないもの

  • 正常な妊娠・出産、交配、早産、帝王切開、流産、人工流産ならびにそれらによって生じた症状および傷病 等
  • 去勢、避妊、乳歯遺残、停留睾丸、臍ヘルニア、そけいヘルニア、歯石取り、歯切り(不正咬合を含みます)、爪切り(狼爪の除去を含みます)、耳掃除、肛門腺しぼり、断耳および断尾 等
    ★他の傷病の治療の手段としてこれらの処置またはこれらに対しての処置を行った場合を除きます。

検査・代替医療 等

  • 健康体に行われる検査、健康診断 等
  • 中国医学(鍼灸を除きます)、インド医学、ハーブ療法、アロマセラピー、ホメオパシー、温泉療法および酸素療法 等

健康食品・医薬部外品 等

  • 入院中の食餌に該当しない食物および療法食 等
  • 獣医師が処方する医薬品以外のもの(健康補助食品・医薬品指定のない漢方薬・医薬部外品 等)

診療費以外の費用

  • シャンプー(薬用および医薬品を含みます)、イヤークリーナー(医薬品を含みます) 等
    ★治療の一環として動物病院内で使用されるものを除きます。
  • 時間外診療費、往診料、ペットホテルまたは預かり料、散歩料、文書料、動物病院へ行かず
  • 薬剤のみ配達される配達料およびこれらと同種の費用 等
  • カウンセリング料、相談料、指導料およびセカンドオピニオン 等
  • 安楽死、遺体処置および解剖検査 等
  • マイクロチップの埋込費用 等

自然災害によるもの

  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波もしくは風水害等の自然災害

条件付きで支払い対象となるもの

停留睾丸の摘出手術 既に腫瘍化または、排尿障害等の病的症状が認められた場合
歯石取り 歯槽膿漏などの治療に必要となる場合
歯切りなどの歯に関する処置 不正咬合などが原因で生じた各疾患の治療の場合
乳歯遺残(残留乳歯) 乳歯遺残が直接的原因となった傷病の治療の場合
臍ヘルニアそけいヘルニア 腹膜炎や癒着等病化してしまったための治療の場合

注意点

13歳になるまでに新規で契約していれば、13歳以降でも継続は可能です。ただし、13歳以降の保険料は公式ウェブサイトで開示しておらず、要問い合わせとなっています。

「うちの子Light」に加入するとクラブアイペットを利用できる

クラブアイペットとは、全国のアイペット加盟店でアイペットの保険証を提示するとシャンプー、トリミング、ペットホテル、爪切り、フード、耳掃除などのサービスが通常価格より5%割引されるサービスです。

クラブアイペット|犬・猫向けペット保険ならアイペット損保-1

アイペット損保「うちの子Light」まとめ

保険料は安い?

補償範囲を絞って安い保険料を実現しているということを売りにしてはいるのですが、年齢とともに保険料が上がる割合が大きいペット保険であるように見えます。特に犬の場合が顕著です。犬が7歳のときの保険料は2,360〜3,270円であり、これは通院・入院・手術を補償するアクサダイレクト「いぬのきもち保険」のコース70(補償割合70%)と近い保険料です。12歳のときには保険料は4,030〜4,750円になります。

猫の場合は、公開されている保険料については最高でも12歳のとき1600円であり、これは猫がペット保険に入る場合の保険料としては安いです。ただし、少し金額は上がりますがペッツベスト「ペット医療保険」と比較することをおすすめします。保険金の治療割合は80%に落ちますが、免責金額は1回の事故(傷病)に対して2万円なので比較的受給しやすく、保障範囲は手術のみならず、入院、初診、再診、往診、時間外診療なので魅力的でしょう。

補償範囲と免責金額には注意が必要

「うちの子Light」は比較的保険料が安いのですが、手術と手術に伴う入院にしか保険は適用にならないということと、最低支払い対象治療費(免責金額)が3万円となっていることに注意しましょう。通院や入院、3万円に満たない治療費は全て自己負担となります。とはいえ、補償割合は90%、手術1回あたりの支払い限度額は50万円なので、高額な手術となった場合には大きな助けとなるでしょう。

同社アイペット損保「うちの子」についてもレビュー記事を書いています。

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェ!というサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-アイペット損保, ペット保険

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.