ライフネット生命

ライフネット生命の保険商品一覧と記事まとめ

投稿日:2013年10月16日 更新日:

ライフネット生命はシンプルさを追求した保険商品となっています。日本の公的な保障ではカバーしきれない部分「本当に必要な部分」に絞って保険を提供しようという視点で保険商品を展開しています。商品は4つです。

A.定期死亡保険 かぞくへの保険
B.定期療養保険 じぶんへの保険プラス(がん・先進保障医療付き)
C.終身医療保険 じぶんへの保険
D.就業不能保険 働く人への保険

それぞれの商品について、簡単にご紹介します。

A.定期死亡保険 かぞくへの保険


死亡もしくは特定の高度障害時に保険金を受け取れるプランです。健康診断書は保険金額によっては不要です。
保険期間:定期型(年齢に応じて10年、20年、30年、65歳まで、70歳まで)。
万が一の時に受け取れる保険金額は500万円から1億円まで自由に設定可能です。

B.定期療養保険 じぶんへの保険プラス(がん・先進保障医療付き)


保険期間:保険期間10年(最長70歳までの自動更新)
保障内容は固定です。入院療養給付金・外来療養給付金(入院前後)・がん治療給付金・先進保障医療給付金の4つです。特約はなく、いずれかを付けたり外したりはできません。

C.終身医療保険 じぶんへの保険


保険期間:一生涯
1泊以上の入院から日数ごとに保険金を受け取ることができます。
保険料は以下4つの観点で決まります。
・性別
・入院支払限度日数(60日もしくは180日)
・入院給付金をいくらにするか(5,000円、10,000円、15,000円)
・手術給付金の有無(給付金は一律10万円)

 

D.就業不能保険 働く人への保険


保険期間:満了65歳
保険料は加入時のまま一定です。支払限度額は1億円です。

申し込める就業不能給付金月額は、最高50万円(年収に応じて上限有)。上限の金額は、いわゆる手取りのお給料に相当する金額です。
所定の就業不能状態に陥った場合に、お給料のように毎月就業不能給付金を受け取れます。
以上が4つの保険商品の紹介です。受け取る保険金の金額を選べたり、入院支払限度日数を選ぶなど、多少の選択の余地はあるのですが、大変シンプルな保険商品となっています。それぞれの保険商品の記事もあるので、よろしければご覧ください。

A.定期死亡保険 かぞくへの保険 ライフネット生命「かぞくへの保険」は死亡保険金を1億円まで設定可能な定期死亡保険
B.定期療養保険 じぶんへの保険プラス(がん・先進保障医療付き
C.終身医療保険 じぶんへの保険
ライフネット生命の医療保険「じぶんへの保険プラス」「じぶんへの保険」についてまとめてみた。
D.就業不能保険 働く人への保険 ライフネット生命の就業不能保険 「働く人への保険」についてまとめてみた。

保険Hacks内のその他のライフネット生命の最新記事

[catlist template=kuchilist excerpt_size=200 excerpt=yes name=lifenet ]

よりよい条件の保険を選ぶために

生命保険や医療保険に賢く加入するには、複数の保険商品を比較するのがお勧めです。そこで1社専属でなく、複数の保険会社と契約をしているFPと相談できる保険のビュッフェというサービスを利用するのがオススメです。各社が力を入れている保険だけをそれぞれ”つまみ食い”して良いとこどりをすることができます。FPは、自宅だけでなく喫茶店、ファミレスなど、どこでも指定した場所にきてくれますので忙しい方でも大丈夫です。当サイトの管理人も利用してみましたが、初回の相談ですぐに保険の契約を求められることはありませんので、まずは各社のパンフレットを見せてもらうといった使いかたもお勧めです。

自宅に来てもらうのはちょっと・・・という場合は、お店を構えている保険ショップがおすすめです。その場合は、日本最大級の保険ショップ「みつばち保険」や、北斗晶夫妻のCMで有名な「保険見直し本舗」など複数のチェーンをまたがって検索できる保険ショップ予約サイト「Lifull保険相談」がおすすめです。チェーンによって、駅チカだったりショッピングモール併設店が強かったりと特徴があるのでライフスタイルに合わせて便利な立地の店舗を見つけるのがオススメです。

sponsored link

sponsored link

現在加入済みの保険診断はアプリが楽ちん

-ライフネット生命

Copyright© 保険Hacks , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.